ナビゲーションを読み飛ばす

岡山市議会映像配信

  • 文字サイズ
  • 文字を小さくする
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きくする

録画中継再生

本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 令和2年2月定例会
  • 3月6日 本会議 個人質問
  • 自由と責任の会
  • 熊代 昭彦 議員 
*一問一答方式
1 新型コロナウイルスへの個人でできる感染予防につい
  て
2 岡山市をやさしさと思いやりあふれる大都会にする方
  策について
 (1) 健康・医療・福祉政策には低所得者も活用できるや
  さしさと思いやりが必要である。
 (2) 市街化調整区域の有効活用。方法は2つある。
  ①市街化区域を大幅に拡大し,調整区域をほとんど無
   くする方法と②区域変更を全く行わず,調整区域の
   規制を緩和し,民間活動を自由化する方法である。
  ②の場合公的資金は今後とも市街化区域にのみ投下し,
   調整区域には一切使わず,もっぱら民間の資金と創
   意工夫に委ね,必要な規制は条例で行う。①の方法
   は,大変金がかかり,東京のように潤沢な資金があ
   るところでは,可能であったが,岡山市では資金的
   に無理があると考えられる。②の方法は実現可能で
   ある。
 (3) 農地の有効活用。このためには,農政についての長
  期のグランドビジョンを描く必要がある。輸入や備蓄
  も含めて,どう国民に食糧を供給するのか。労働力と
  機械,農地という食糧供給を支えるインフラをどれだ
  け確保すべきか。高齢農家を如何に活用するか。
   このグランドビジョンを踏まえたうえで,農地政策
  を大転換する。全国の市町村に権限を与えて,その農
  地の20%を自由に使えるようにし,且つ,県庁所在
  市については各県の発展の中心地としてその農地を1
  00%自由化し,地方の発展の拠点とする。そして,
  東京一極集中を防ぐ。
前のページに戻る