ナビゲーションを読み飛ばす

岡山市議会映像配信

  • 文字サイズ
  • 文字を小さくする
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きくする

録画中継再生

本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 令和2年9月定例会
  • 9月10日 本会議 個人質問
  • 自由と責任の会
  • 熊代 昭彦 議員 
*一問一答方式
1 新型コロナウイルス対策の現状をどう見るか。日本及
  び岡山市の対策の優れた点と問題点について
 (1) ワクチンと特効薬の開発の世界各国や日本の現状
 (2) 個人,社会,会社等の三密の回避,ソーシャルディ
   スタンスの確保,マスクの着用,手洗いや消毒の励
   行等の実行状況と問題点。これらが完璧に実行され
   たならば,個人がこのウイルスを吸い込むことは無
   いのか。
 (3) 無いと考えることは難しいのではないか。このウイ
   ルスが鼻や口から入ってきても罹患する人も有れば
   罹患しない人もあるというのが現実ではないか。そ
   の違いはどこから来るのか。
 (4) 一つの大きな要因は個々人の免疫力の強さの違いで
   はないか。その免疫力の強さを知ること,且つそれ
   を高めるためにはどうしたら良いか。
2 上咽頭は私たちの免疫力を測るリトマス試験紙医学博
  士 堀田修著 病気が治る「鼻うがい健康法」―体の
  不調は慢性上咽頭炎がつくる―この著書で堀田修氏は
  「上咽頭は私たちの免疫力を測るリトマス試験紙です!
  !上咽頭で起こっている慢性の炎症を治すことで,免
  疫力をアップさせ,病気に負けない強い体をつくりま
  す。」と主張し,上咽頭が健全であれば,侵入してく
  るウイルス等を殺し,体の内部に入れない。従ってイ
  ンフルエンザ等のウイルスが原因のインフルエンザ等
  に罹患しないと主張。そして慢性上咽頭炎の治療法の
  一つとして生理食塩水での鼻うがいを推奨。これをど
  う評価すべきか。
3 私の体験「鼻うがい+口うがい(1日2回朝晩)の実
  行」食塩と水道水を使って生理食塩水を簡単に作り,
  1回5分程度で実行。私個人はこれを毎日実行。60
  年間。ウイルス性のインフルエンザ等には1回も罹患
  せず。新型コロナウイルスもウイルスであるから同様
  に罹患を防げるのではないか。
4 岡山市で疫学調査実施を提案1,000人以上の人に
  鼻うがい+口うがいを実行してもらい疫学調査をする
  ことを提案。対照グループは岡山市民全体。プラセボ
  は不要。その罹患率とこの鼻うがいグループの罹患率
  を比較。有意の差が出れば世の中に対する貢献は絶大。
前のページに戻る